言葉リーディングとは、
選んだ言葉から想いを読み取る方法です。

わたしたちは普段、無意識に言葉を使い分けています。
言葉の意味を、わたしたち自身が漠然と理解しているからです。
その無意識に、少し目を向けてみると、

そこから様々な想いが見えてきます。

漢字117文字)を使った

言葉リーディングは、世界で一番シンプルな、真相心理鑑定方法です。

やり方も超シンプル。

漢字一覧表の中から、

好きな漢字、嫌いな漢字、気になる漢字を選びます。

好きな漢字の一番上(Eの列)には、モチベーションとなる感情があります。

嫌いな漢字の一番下(Sの列)には、解決のヒントがあります。

それぞれの漢字の左側は、自分の視点です。

感情なのか、行動が出るのか、状態なのか、

また現在なのか、過去なのか、未来なのか、見えてきます。

数値に特に意味はないのですが、

選んだ文字が0列だった場合は、

自分の感情が見えにくくなっているのかもしれません。

また12を選んだ場合は、

自分自身が見えにくくなっているのかもしれませんね。

最近は、直感で選べる漢字カードも使用。

これからも精査と検証を続け、

改良していきたいと思っています。