媒体(SNSや紙面)を選ばない発信で

しばらくFacebookをお休みしようと思ったのには、もう一つ理由がある。

いつの間にか、Facebookの機能に依存していたのだ。

だって、セミナーやイベントを一度立ち上げると、あとは何度かシェアするだけでいい。

書いたブログをシェアするのもそうだ。

でも、どれも「書いた」「セミナーを立ち上げた」それだけで終わってしまう。

でも、それだけでは人は集まらない。

もちろん、人数ではない、それは分かっている。

必要としている人に届けば、一人でも構わない。

でも、いつのまにか参加者の数が評価になる。

目に入る数字に気持ちは持っていかれる。

どう書けば、いいのだろう?

何を書けばいいのだろう?

そこに迷いが入る。

「情熱発信」は売るための言葉ではない。

自分を知り、自分の想いを伝え届けるための言葉だ。

自分の内から出てくる言葉だ。

SNSはそのための手段の一つでしかない。

先日書いたブログは、
自分の中の「枠を外す、枷を外す」

そして、媒体(SNSや紙面)を選ばない発信で、

SNSという枠も外そうと思う。

わたしの言葉は、

自分を知りたい。

自分の生き方を見つけたい。

夢を叶えたい。

心熱く生きたい。

と思う人に届けばいい。

そして、

どんな人生も、唯一無二の物語なのだと、

どんなことも決して無駄ではなかったのだ、という、

その想いが伝わればいい。
それがわたしの「情熱発信」です。

そして、その想いはSNSの外にいる人にも届けたい。
何かを探している人、
何かを求めている人は、
そして、SNSの世界に入りたくても入れない人は、
SNSの外側にいるのだから。
自分の言葉を探している人は、
多くの発信者たちの外側にいるのだから、

そういう人たちの想いを、言葉にして行きたいと思う。