滅多に書かない開催レポ

先日、企業組合青年部会様からの依頼で、
話し方、書き方講座でお話しをさせていただきました。
話し方、書き方講座は、季々の水島芽予さんとコラボで毎月開催している講座です。
今回はそのスピンオフ講座?
わたしにとっても初めての外部講師のお仕事でした。
思えば、前職時代は、毎月開催する側。
年に50回を超える企業セミナーを開催してきましたが、
自分が講師の側に立つなんて感慨無量です。
第一部、話し方講座は、NLPの水島さん。
さすがコミュニケーションのプロだけあって、
安定の話ぶりでした。
第二部、書き方は、不肖、わたし。
相変わらずのしどろもどろぶり。
このご時世、マスクで顔は隠してますが、
マスクの下は、間違いなく強張っていたと思います。
話し方も書き方も、目的は一緒。
伝えることです。
コミュニケーションは相互会話ですが、
書くとは一方的な思いです。
だからこそ、自分の言葉はまず自分に届けるべき、
それがわたしが情熱発信を始めてから、
ずっと伝え続けてきたこと。
そして最後のお決まりのワークでは
自分のことを書いてもらい、
それを発表してもらいました。
みなさんの伝えようとする熱い想いが言葉になり、
終了時間はかなりのオーバー。
結局、話すも書くも言葉選びですね。
自分の言葉、それぞれの胸に届いているといいな。