あなたは何の専門家ですか?

専門家には、専門家としての書き方がある。

専門用語や、業界用語のことではない。

どんなことを、どんなふうに感じ、思っているのか、

または何を情報として伝え、

何を智恵として伝えるのか。

それが専門家として書くことが、重要だと思う。

散文やなら、

こう思うああ思う、とただ書けばいい。

その思いに、理由をつければ、評論なる。

その理由に、根拠があれば、情報になる。

その情報に、想いが入れば思想になる。

あなたが専門家として、

今、ブログを書いているのだとすれば、

どんな情報や思想を伝えているのだろう。

それは、あなたが生きてきた中で、

培ってきた知識であるならば、

それ以上のものはきっとない。

また、あなたが積み上げてきた経験であるならば、

それ以上のものも絶対にない。

そして、今の活動と専門分野が融合したとき、

自分のアイディンティティを実感することが出来る、

自分が唯一無二の存在だと、心から思えることができる、

そう考えている。

あなたは、何の専門家ですか?