ライティングセッション

情熱発信ライティングセッションは、文章添削セッションです。
そこでチェックするのは「不自然」さです。
自分の想いを誤魔化そうとしていたり、問題点から目を逸らそうとすると、
読んでいても違和感を感じます。
また、文章には一定のパターンがあります。
そのパターンから外れる場合は、思考が反れている場合が多いのです。
違和感を見つけ、そこにある想いを聴き、もう一度書いてもらいます。

「想い」という目に見えないものを言葉だけで伝えるのは簡単ではありません。

木々が揺れるのを見て、風を感じるようなものだと思います。

でも、違和感がある場所に焦点を当て、もう一度書いてもらうと、
すると、純粋な想いが浮き彫りになってきます。

それは宣伝やためや、人を集めるための文章ではありません。
書く人の心も、読む人の心も動かす文章です。

情熱発信は心に響く文章を目指します。